アジアカップに挑む日本代表メンバーに中島、堂安等選出

浅野が9月以来の復帰

日本代表12日、日本サッカー協会は来年1月5日開幕するアジアカップ2019(アラブ首長国連邦)に挑む日本代表メンバー23名を発表した。

9月、10月、11月と3度のインターナショナルマッチウィークを4勝1分の無敗で切り抜けた森保ジャパン。

世界ランキング5位のウルグアイ代表を破る等快進撃を見せ、2011年以来となるアジア制覇にこれ以上ない勢いがついている状態だ。

日本代表対ウルグアイ代表試合結果

さて、そんなアジアカップに挑む日本代表メンバーには、10番の中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)の「NMDトリオ」をはじめ、

キャプテンの吉田麻也(サウサンプトン)、肺気胸から復帰した長友佑都(ガラタサライ)、代役不在の大迫勇也(ブレーメン)等が順当に選出された。

一方で、ベルギーリーグで今季既に10ゴールをマークしている鎌田大地(シントトロイデン)や、ロシアワールドカップ戦士の香川真司(ドルトムント)、乾貴士(レアル・べティス)といった実力者は選外となった。

全体的に無難な選考となったアジアカップメンバーだが、ちょっとしたサプライズもあった。

浅野拓磨(ハノーファー)が、9月以来の代表復帰を果たしたのだ。

浅野は、今夏シュツットガルトから同じくドイツのハノーファーへ移籍したが、今季リーグ戦ノーゴール。

また、負傷から復帰したばかりということもあり、コンディションが気になるところだ。

そんなアジアカップは、長期日程で総力戦になるため、彼らサブメンバーの活躍無くしては優勝できない。

無敗状態で挑む森保ジャパンは、二大会ぶりにアジア王者の称号を日本へ持ち帰ることができるだろうか…?

日本代表メンバー一覧

アジアカップ日本代表メンバーは以下の通り!

  • GK
    シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
    権田修一(サガン鳥栖)
    東口順昭(ガンバ大阪)
  • DF
    槙野智章(浦和レッズ)
    佐々木翔(サンフレッチェ広島)
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    三浦弦太(ガンバ大阪)
    室屋成(FC東京)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
  • MF
    遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
    青山敏弘(サンフレッチェ広島)
    中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    守田英正(川崎フロンターレ)
    堂安律(フローニンヘン/オランダ)
    原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    伊東純也(柏レイソル)
  • FW
    浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)
    大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
    北川航也(清水エスパルス)

ベッティングトップ10では、アジアカップの試合直前に、注目ゲームの最新オッズ、予想記事を更新します!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑