オランダがドイツと劇的ドロー!逆転でNL4強へ…

フランス撃破のオランダがまたしても…?

バジル・ファン・ダイク現地時間19日、ゲルゼンキルヒェンでUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ1で元世界王者ドイツ代表とオランダ代表が激突した。

この試合、勝利すれば首位フランスを交わしてベスト4へ勝ち上がれるオランダ。

ポルトガルがNL4強一番乗り!

この日もバジル・ファン・ダイク、ジョルジニオ・ワイナルドゥム(共にリバプール)、ダレイ・ブリント(マンチェスター・ユナイテッド)、メンフィス・デバイ(リヨン)等フランス戦で金星を挙げたメンバーを中心にベストメンバーが名を連ねた。

一方で未だ未勝利のホームドイツも、レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)、トニ・クロース(レアル・マドリード)、ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)、守護神マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)等豪華メンバーが登場。

試合は序盤からホームのドイツが主導権を握る展開となる。

8分、ペナルティエリア手前でニャブリからのパスを受けたティモ・ヴェルナーが思い切りよく右足を振り抜くと、これがゴールネットに突き刺さった。

早くも先制に成功したドイツは、その10分後に今度はレロイ・サネが巧みな個人技からシュート。

これは相手ディフェンスに当たってディフレクトし、ゴール右隅へと吸い込まれていった。

あっという間に2-0としたドイツ。最終節でようやく初勝利かと思われたが、ここからオランダの怒涛の反撃に曝される…。

オランダの「下克上」が始まる

そのままドイツ優勢のまま時間が過ぎていったが、84分にオランダがプロメスのゴラッソでワンチャンスをものにし1点差に。

さらに後半アディショナルタイムには、攻め上がっていたバジル・ファン・ダイクが豪快にボレーシュートを叩き込んで、土壇場で試合を振り出しに戻した。

激しい点の取り合いとなったゲームは、結局このままタイムアップ。

結果、オランダがからがら勝ち点1をもぎ取って、フランスとの得失点差で上回りグループ首位に浮上。

これにより、ポルトガル、スイス、イングランドがまつ決勝トーナメントに最後の一か国として加わることとなった。

ベッティングトップ10では、UEFAネーションズリーグ準決勝試合直前に最新オッズ、予想記事を更新します!

ERO2020の最新オッズもチェック!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑