【セルビア対スイス結果】ジャカ、シャキリが大会初ゴール!

最後にドラマが…

ジェルダン・シャキリ現地時間22日、ロシアワールドカップグループステージリーグE第2節が行われ、セルビアとスイスが対戦した。

初戦コスタリカ相手に白星を挙げたセルビアは、前回直接フリーキックで決勝点を挙げたアレクサンドル・コラロフ(ローマ)をはじめ、エースのアレクサンダル・ミトロビッチ(フルハム)、ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド)等ベストメンバーが顔を揃えた。

対して、初戦ブラジル相手に勝ち点1をもぎ取ったスイスも、ジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)、グラニット・ジャカ(アーセナル)、ステファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)、リカルド・ロドリゲス(ミラン)等豪華メンバーが先発に登場。

試合は派手な立ち上がりとなる。5分、セルビアのエースミトロビッチが、タディッチからのクロスをヘディングで合わせていきなりスイスゴールを揺らした。

この1ゴールを皮切りに、積極果敢にシュートを放ったセルビア。前半だけで10本ものシュートを浴びせたが、追加点をマークするには至らず。

対するスイスも、いくつかの決定機を作ったものの、1点ビハインドのまま前半を折り返した。

後半、ここまでほとんど目立たなかったセフェロビッチをベンチに下げ、ガブラノビッチを投入し攻撃にアクセントを加えたスイス指揮官ペトコビッチ。

すると後半立ち上がり、とうとうスイスが同点に追いついた。51分、シャキリのシュートのこぼれ球を、ペナルティーエリア手前からジャカが強烈シュート。
これがセルビアゴールに突き刺さって、試合は振り出しに…。

このまま両者痛み分けで試合が終わるかと思われた後半アディショナルタイム。最後にドラマが待っていた。
スイスは、相手クロスボールをカットし速攻カウンターで最前線のシャキリにボールを託す。

絶妙なスルーパスから相手GKと一対一になったシャキリは、DFをブロックしながら冷静にゴール。スイスが土壇場で逆転に成功した。

試合はこのままタイムアップとなり、スイスが2-1でセルビアを下した。これで1勝1分けの勝点4で最終節コスタリカ戦に挑む。
一方逆転負けで勝ち点を上積みできなかったセルビアは最終節でブラジルと対戦する。

グループE

チーム
ブラジル
ブラジル
210+47
スイス
スイス
120+15
セルビア
セルビア
102-23
コスタリカ
コスタリカ
022-31

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑