【フランス対アルゼンチン結果】決勝T第一試合は壮絶な点の奪い合い

計7ゴールが生まれる乱打戦に…

キリアン・ムバッペ現地時間30日、ロシアワールドカップ決勝トーナメント一回戦が幕を開け、フランスとアルゼンチンが口火を切って登場した。

フランスは、10番キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)をはじめ、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、ヌゴロ・カンテ(チェルシー)等が先発出場。

リオネル・メッシ対してアルゼンチンも、絶対的エースのリオネル・メッシ(バルセロナ)をはじめ、アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)、エベル・バネガ(セビージャ)、マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)、ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)等ベストメンバーが登場。

試合は比較的早い時間に大きく動く。10分、自陣でボールを受け取ったムバッペが、スピードに乗って一気にドリブル突破。マルコス・ロホがペナルティエリア内で堪らずファールを犯し、フランスにペナルティキックが与えられる。

アントワーヌ・グリーズマンこれをグリーズマンが冷静に沈めて、レ・ブルーが幸先よく先制に成功した。

しかし、前半終了間際に劣勢だったアルゼンチンも魅せる。ディ・マリアがペナルティエリア外から強烈なミドルシュートを突き刺して、試合を振り出しに戻した。

最高の状態で後半を向かえたアルゼンチン。立ち上がりに勝ち越しに成功する。メッシが素早い反転からシュートすると、これがメルカドに当たってコースが変わり、フランスゴールへと吸い込まれた。

キリアン・ムバッペだが、ここからフランスの逆襲が始まる。
56分、サイドバックのパパールによる圧巻のボレーシュートで同点に追いつくと、63分にはムバッペが個人技から勝ち越しゴール。

ワールドカップロゴ得点王予想オッズ
ワールドカップロゴ優勝国予想のオッズ

さらにその4分後にはまたしてもムバッペがゴールネットを揺らして一挙4得点。

アルゼンチンは後半アディショナルタイムにメッシのアシストからアグエロが追撃弾を決めるが、試合はこのままタイムアップ。

結果、フランスがアルゼンチンを4-3で下した。決勝トーナメント第一試合から派手なゲームとなったが、世界中のフットボールファンがこれでもかというくらい熱狂したのではないだろうか。

次の試合 ►
準々決勝

ウルグアイフランスウルグアイ
vs
フランス

7月6日
23:00 ニジニ・ノヴゴロド

7月1日-3:00
ソチ
6月30日-23:00
カザン
7月2日-23:00
サマーラ
7月3日-3:00
ロストフ・ナ・ドヌ
ウルグアイ
ウルグアイ
2 フランス
フランス
4 2 ブラジル
ブラジル
3 ベルギー
ベルギー
ポルトガル ポルトガル 1 アルゼンチンアルゼンチン 3 0 メキシコ
メキシコ
2 日本
日本
7月6日-23:00 ニジニ・ノヴゴロド 7月7日-3:00
カザン
準々決勝 フランス
フランス
2 1 ブラジル
ブラジル
ウルグアイ
ウルグアイ
0 2 ベルギー
ベルギー
7月11日-3:00 サンクトペテルブルク
準決勝 フランス
フランス
1
ベルギー
ベルギー
0
3位決定戦
決勝
7月16日
フランス
フランス
4 1位 2 ベルギー
ベルギー
00:00
モスクワ
クロアチア
クロアチア
2 2位 0 イングランド
イングランド
7月14日 - 23:00 – サンクト・ペテルブルク
準決勝 クロアチア
クロアチア
2
イングランド
イングランド
1
モスクワ
7月12日 - 3:00
準々決勝 ロシア
ロシア
2(3)
PK戦
0 スウェーデン
スウェーデン
クロアチア
クロアチア
2(4*)
PK戦
2 イングランド
イングランド
ソチ
7月8日-3:00
サマーラ
7月7日-23:00
スペイン
スペイン
1(3)
PK戦
クロアチア
クロアチア
1(3*)
PK戦
1 スウェーデン
スウェーデン
1(3)
PK戦
コロンビア
コロンビア
ロシア
ロシア
1(4*)
PK戦
デンマーク
デンマーク
1(2)
PK戦
0 スイス
スイス
1(4*)
PK戦
イングランド
イングランド
モスクワ
7月1日-23:00
ニジニ・ノヴゴロド
7月2日-3:00
サンクトペテルブルク
7月3日-23:00
モスクワ
7月4日-3:00
これらの国々に賭ける

ワールドカップロゴワールドカップロゴ決勝トーナメント
決勝トーナメント
PDFダウンロード

フランス 4-2 クロアチア
【グループステージの結果】

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑