ロペテギの解任が正式決定!次期監督にはあのレジェンドが…

シーズン序盤こそ最高のスタートを切ったが…

ロペテギレアル・マドリードは、バルセロナとのエル・クラシコでの大敗、ひいては直近のリーグ戦、チャンピオンズリーグの成績不振を理由に、フレン・ロペテギ監督との契約解除を発表した。

シーズン序盤こそ、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、期待の若手ダニ・セバージョス等が躍動し、ジネディーヌ・ジダンの退任のダメージを感じさせなかったが、ここにきて深刻な得点不足に陥っていた。

すると、週末のバルセロナとのダービーマッチでは、得点が奪えないうえに相手エースのルイス・スアレスにハットトリックを許すなど1-5の歴史的完敗を喫する。

エル・クラシコ試合結果

そこでレアル・マドリードは、とうとうロペテギ監督の解任を決意。後任には暫定としてレアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)を指揮する元アルゼンチン代表MFのサンティアゴ・ソラーリ氏を抜擢することも発表された。

一部報道ではアントニオ・コンテの就任が濃厚だと取りざたされていたが、結果的にはフロレンティーノ・ペレス会長お好みのソラーリに決定。

暫定監督ソラーリってどんな人?

ソラーリといえば、かつてアルゼンチン代表、レアル・マドリードでプレーしたレジェンドだが、監督としては2013年からレアル・マドリードの下部組織でデビュー。

2年前からカスティージャ(Bチーム)を率いるが、これまでU-16チーム、U-19チームで着々と実績を積み、また戦家かとして類いまれな手腕を発揮してきた。

さて、そんなソラーリを暫定監督に迎えた新生レアル・マドリードはミッドウィークに早速コパ・デル・レイ4回戦のメリージャ戦で初陣を切る。

週末には、ラ・リーガ・サンタンデール第11節バジャドリード戦を戦い、その後ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーググループステージ第4節でチェコ王者のヴィクトリア・プルゼニと相まみえる。

その後、ラ・リーガ・サンタンデール第12節セルタ戦を戦ったのちに、ソラーリにとって最初の息継ぎタイムとなるインターナショナルマッチウィークを迎える。

一先ずは、インターナショナルマッチウィーク突入までの格下との4連戦がソラーリ暫定監督のテストとなるわけだが、その手腕には注目が集まる。

結果次第では、中断期間中にそのまま正式就任という流れも…?

ラ・リーガ最新優勝オッズをチェック!

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑