接戦続きのW杯 王国ブラジルまでもが初戦でつまずく…

コウチーニョのゴラッソで先制するも…

ネイマール現地時間17日、ロシアワールドカップグループステージリーグE第一節が行われ、王国ブラジルがスイスと対戦した。

ブラジル代表指揮官チッチは、ネイマール(パリ・サンジェルマン)をはじめ、フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)、ウィリアン(チェルシー)、ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)、マルセロ(レアル・マドリード)等ベストメンバーを先発に送り出す。

対するスイスも、ジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)をはじめ、グラニット・ジャカ(アーセナル)、ステファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)、リカルド・ロドリゲス(ミラン)等ベストメンバーが登場。

立ち上がりからゲームを支配したのはブラジル。南米予選では右ウィングを主戦場としていたコウチーニョが、インサイドハーフでネイマールの近くでプレーすることにより、彼ら2人のコンビネーションがハマってスイス守備陣を翻弄する。

すると19分、セレソンに待望の先制ゴールが生まれる。ゴール正面やや左でボールを受けたコウチーニョが、得意の角度から右足を振りぬいた。

リバプール時代からもお馴染みのミドルシュートは、鮮やかにスイスゴールに突き刺さり、ブラジルが1点リードとする。

しかし、この1点が生まれた後はどちらもチャンスを演出することができず、前半はこのまま折り返し。

ブラジルブラジル vs コスタリカコスタリカ セルビアセルビア vs スイススイス

グループE

チーム
ブラジル
ブラジル
210+47
スイス
スイス
120+15
セルビア
セルビア
102-23
コスタリカ
コスタリカ
022-31

後半に入って、劣勢だったスイスが千載一遇のチャンスをものにする。コーナーキックからフリーになっていたツバーがヘディングシュートを決めて同点に追いついた。

その後もブラジルが高いボールポゼッション率を維持しながらスイスゴールに襲い掛かるが、交代で入ったフェルナンジーニョ、ロベルト・フィルミーノ等の決定的なシュートは何れもゴールを射止めることはできず…。

試合はそのままタイムアップとなり、ブラジルとスイスの一戦は1対1ドロー決着となった。
とりわけネイマールをマンマークし続けたベーラミが交代で下がって以降、苦しい時間を耐え抜いたスイス。グループリーグ突破に向けて最高の船出となった。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑