【日本対セネガル結果】乾&本田弾炸裂!

本田が値千金の同点ゴール

本田圭佑現地時間24日、ロシアワールドカップグループステージリーグH第二節が行われ、日本とセネガルが激突した

► グループステージ通過国予想オッズ ◄

コロンビアとの初戦を2-1で勝利した日本は、ゴールを決めた香川真司(ドルトムント)、大迫勇也(ブレーメン)をはじめ、乾貴士(レアル・べティス)、柴崎岳(ヘタフェ)、長友佑都(ガラタサライ)等初戦とまったく同じ11人が先発に名を連ねた。

対して、初戦ポーランド相手に勝利して日本同様番狂わせを起こしたセネガルは、絶対的エースのサディオ・マネ(リバプール)をはじめ、ムベイェ・ニアン(トリノ)、イスマイラ・サール(レンヌ)、イドリッサ・ゲイェ(エバートン)、カリドゥ・クリバリ(ナポリ)等ベストメンバーが先発に登場。

試合は開始10分に最初の動きを見せる。セネガルのユスフ・サバリが放ったシュートを日本GK川島がパンチング。これが目の前のサディオ・マネに当たって日本ゴールへと吸い込まれていった。

喉から手が出るほど欲しかった先制点を先に奪われた日本だったが、前半の内に同点に追いつく。
33分、柴崎からの絶妙なロングパスをトラップした長友が、乾へラストパス。乾は思い切りよく右足を振り抜くと、ボールは美しい軌道を描いてゴール右隅に突き刺さった。

同点に追いついた日本は、後半に入ってより主導権を握るようになる。乾、大迫が立て続けに決定的なシーンを迎えるも、得点には至らず。

すると、逆にセネガルに追加点を許してしまう…。
70分、サバリがゴール前に折り返したボールをニアンが触ってかすかに軌道をずらす。このボールを走りこんできたムサ・ワゲが豪快に押し込んで、セネガルが勝ち越しに成功した。

再びリードを許した日本だったが、このままでは終わらないのが西野ジャパン。77分、乾からの折り返しに途中出場の本田圭佑が合わせて再度同点に追いついた。

試合はこのままタイムアップとなり、結果日本対セネガルは壮絶な打ち合いの末2-2のドロー決着となった。

尚、本田にとっては2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会に続く3大会連続でのゴールとなった。

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

他の記事を読む

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑