日本対ポーランド【予想とオッズ】

日本対ポーランド.
日本 vs ポーランド
0-1
6月28日・23:00(日本時間)
ヴォルゴグラード
日本、1対0でポーランドに敗北も決勝進出
最後はフェアプレーポイントに救われた日本

【日本対ポーランド結果】最後はフェアプレーポイントに救われた日本
次の試合 ►
ベルギー日本ベルギー
vs
日本

7月3日・3:00

決勝トーナメントワールドカップロゴワールドカップロゴ

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

開幕前の予想とは打って変わって、日本がポーランドより高い勝率となっている
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ 人気のペッティングマーケット
日本のスタメン予想 ポーランドのスタメン予想
日本代表メンバー一覧 ポーランド代表メンバー一覧

マッチレビューと予想をチェック!

日本代表グループHの最終節「日本×ポーランド」。
このゲームの勝者は?

当初は、グループHの中で最も組織力が高く日本にとって危険な相手とされていたポーランドだが、蓋を開けてみれば、彼らはこの第三節を前に既にグループステージでの敗退が決まっている。

最新のオッズ 人気のペッティングマーケット

初戦セネガルに1-2で敗れると、続くコロンビア戦でもチームの立て直しに失敗し0-3の完敗。エースストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)も、セネガル、コロンビアの組織的な守備に封殺された。

対して、ここまでアップセットを起こしている日本。初戦のコロンビア戦で2-1で勝利すると、続くセネガル戦でも勝点1を積み上げてグループステージ突破に大きく近づいた。

香川真司また、ここまで香川真司(ドルトムント)、大迫勇也(ブレーメン)、乾貴士(レアル・べティス)、本田圭佑(パチューカ)と何れも攻撃のキーマンが得点を決めており、非常にポジティブなメンタルで最終節を迎えることができる。

かたやポーランドは、既にグループステージ突破の望みが絶たれているということで、そもそものこの日本戦に対するモチベーションが気になるところだ…。

西野監督日本の決勝トーナメント進出の条件は、ポーランド戦でドロー以上の結果を得ること。
二試合連続で勝ち点を奪い、また本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、乾貴士(レアル・べティス)等アタッカー陣が得点を決めて勢いに乗る日本が優勢という見方が一般的だろう。

コロンビア戦からスタメンを代えずに挑んだセネガル戦で、攻守ともに安定した戦いを見せられたことから、おそらく西野監督は最後のポーランド戦でも全く同じ11人をスタメンに送り出すことが予想される。
終盤に本田圭佑をジョーカーとして投入するという流れも、もはや戦術の一貫として浸透しつつある。

とりわけパフォーマンスの高かった最終ラインの昌子源(鹿島アントラーズ)と、中盤から質の高い楔のパス、スルーパスを連発した柴崎岳(ヘタフェ)の先発は今後も揺るがないだろう。
日本 日本に賭けたい

(2018年6月28日を更新しました)


ポーランドスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」の報道によると、現地時間23日の会見に出席したレヴァンドフスキは日本戦に対してこのようにコメントしたそうだ。

我々は、メンタル的にかなり難しい状況にある。しかし、それでも勝点とプライドのためにワールドカップ最後の試合を全力で戦う。

2連敗を喫したことで、むしろ最後の日本戦に並々ならぬ闘志を燃やしているブンデスリーガ得点王。
日本としては、決勝トーナメントへ勝ち進むためにこのゴールハンターを90分間注視し続けなければならない…。
ポーランドに賭けたい ポーランド

(2018年6月28日を更新しました)


そんな「日本代表対ポーランド代表」の一戦は、日本時間25日23時キックオフ予定だ。この試合、日本代表は引き分け以上で2大会ぶりのグループステージ突破が決まる。

日本のスタメン予想

日本▼ GK
1 川島 永嗣
▼ DF
22 吉田 麻也
5 長友 佑都
19 酒井 宏樹
3 昌子 源
▼ MF
16 山口 蛍
10 香川 真司
14 乾 貴士
8 原口 元気
7 柴崎 岳
▼ FW
15 大迫 勇也
ブックメーカーのオッズは…?

ポーランドのスタメン予想

ポーランド▼ GK
22 ウカシュ ファビアンスキ
▼ DF
20 ウカシュ ピシュチェク
15 カミル グリク
5 ヤン ベドナレク
▼ MF
13 マチェイ リブス
10 グジェゴシュ クリホビアク
11 カミル グロシツキ
19 ピオトル ジエリンスキ
6 ヤツェク ゴラルスキ
21 ラファウ クルザワ
▼ FW
9 ロベルト レバンドフスキ
ブックメーカーのオッズは…?

日本対ポーランド2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

開幕前の予想とは打って変わって、日本がポーランドより高い勝率となっている。果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1
日本
引き分け 2
ポーランド
1
日本
引き分け 2
ポーランド
2.62 3.30 2.90 2.62 3.00 2.90
賭けたい 賭けたい

※(1が日本、2がポーランド

(2018年6月29日を更新しました)

人気のペッティングマーケット

ウィリアムヒル-人気のマーケット-6月28日

【もっとW杯のオッズ】

日本代表メンバー一覧

日本▼ GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

▼ DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼ MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

▼ FW
大迫勇也(ケルン→ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)

ブックメーカーのオッズは…?

ポーランド代表メンバー一覧

ポーランド▼ GK
バルトシュ・ビャウコフスキ(イプスウィッチ/イングランド)
ウカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー/イングランド)
ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユヴェントス/イタリア)

▼ DF
ヤン・ベドナレク(サウサンプトン/イングランド)
バルトシュ・ベレシンスキ(サンプドリア/イタリア)
チアゴ・チョネク(SPAL/イタリア)
カミル・グリク(モナコ/フランス)
アルトゥル・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ)
ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)
ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント/ドイツ)

▼ MF
ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ヤツェク・ゴラルスキ(ルドゴレツ・ラズグラド/ブルガリア)
カミル・グロシツキ(ハル・シティ/イングランド)
グジェゴシュ・クリホビアク(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)
ラファウ・クルザワ(グルニク・ザブジェ)
カロル・リネッティ(サンプドリア/イタリア)
スラヴォミール・ペシュコ(レヒア・グダニスク)
マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア)

▼ FW
ダヴィド・コフナツキ(サンプドリア/イタリア)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ)
アルカディウシュ・ミリク(ナポリ/イタリア)
ウカシュ・テオドルチュク(アンデルレヒト/ベルギー)

ブックメーカーのオッズは…?

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑