バイエルン・ミュンヘン対RBライプツィヒ【予想とオッズ】

バイエルン・ミュンヘン対RBライプツィヒの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)188ベット(188bet)での試合の予想は以下の通りとなっている。

王者バイエルン・ミュンヘンが有利なオッズとなっている。現在2位のライプツィヒは勝って首位に躍り出ることができるだろうか。

1 引分 2 1 引分 2
1.42 4.95 6.15 1.46 5.20 6.10

※1がバイエルン・ミュンヘン

※2がRBライプツィヒ

(オッズは日本時間2020年12月3日、午前8時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

ドイツ・ブンデスリーガ第10節注目の注目カード、バイエルン・ミュンヘン対RBライプツィヒの首位攻防戦が行われる。

ホームのバイエルン・ミュンヘンは言わずもがなブンデスリーガ8連覇中のドイツの絶対王者昨季はチャンピオンズリーグ、DFBポカールも制し3冠を達成した。今季は現在公式戦、14戦連続で負けなしと失点数こそは多いが相変わらずの強さを見せ、第6節から首位を走っている。目下のライバルに勝って首位固めをしたい。

RBライプツィヒは昨季ブンデスリーガ3位、チャンピオンズリーグ・ベスト4とブンデスリーガ1部に参戦して、まだ5年目ながら着実にステップアップしている。初タイトルを狙う今季は、バイエルン・ミュンヘンに抜かれる第5節終了地点までは首位にいた。今節の対戦相手バイエルン・ミュンヘンとの勝点差は2で、直接対決で勝利すれば単独首位に再浮上することが可能だ。

 

直近5試合の成績は?

バイエルン・ミュンヘンは4勝1分。14得点、5失点、1試合平均で2.8得点、1失点となる。クリーンシートはバイエルン・ミュンヘンとしては寂しい1試合のみ。キングスレイ・コマンが2戦連続ゴール中と調子を上げてきている。

ライプツィヒは3勝1敗1分。ホームでは3連勝(開幕からは5戦5勝)アウェーで1敗1分けと内弁慶な結果となっている。ホームで7得点、アウェーで1得点。苦手なアウェー戦を克服したい。

 

直接対決

過去5試合の対決ではバイエルン・ミュンヘンが2勝3分。ドローが多くなっている両者の戦いはその間バイエルン・ミュンヘン5得点、ライプツィヒは1得点のみ。

2016-2017シーズンにライプツィヒが1部に昇格してからの戦績はバイエルン・ミュンヘンが6勝1敗3分と断然リード。ホームでは4戦して3勝1分けと負けがない。

 

注目の選手!

RBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノに注目。チャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節で負傷し、その後フル出場はしていないが、ブンデスリーガ最少失点(6失点)を誇るライプツィヒの守備の要となっている。ビッククラブへの移籍が絶えず噂されているウパメカノがバイエルン・ミュンヘンのアタッカー陣をいかに封じ込めるか目が離せない。

 

8連覇を目指すバイエルン・ミュンヘンは進境著しいライプツィヒをホームに迎え撃つ首位攻防戦は、バイエルン・ミュンヘンが首位を磐石とするか。ライプツィヒが初のブンデスリーガ制覇に向けて貴重な勝点3を奪うか。ブンデスリーガ第10節、大注目の一戦はバイエルン・ミュンヘンのホーム、アリアンツ・アレーナで日本時間12月6日(日)、午前2時30分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑