今季最も効果的に得点を積み上げた選手は?メッシ、ロナウドは意外な順位に

1位はイタリア代表FW

チーロ・インモーヴィレ新型コロナウィルスの感染拡大により、すべてのスケジュールが滞っているヨーロッパサッカー。

そんな中、出場時間当たりのゴール数の比率ランキングと題して、今季最も優秀な成績を残しているストライカーをチェックしてみよう。

まず、『ゴールデンシュー』に最も近い存在なのがラツィオFWチーロ・インモービレだ。インモービレは、セリエA26試合で27ゴールを奪う活躍を見せており、1ゴールに必要な時間は「80.96分」と算出された。

今回の出場時間当たりのゴール数の比率ランキングでも、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシといったストライカーを抑えて首位に立った。

新型コロナウィルスの影響がなければ、ゴンサロ・イグアインの持つセリエA得点記録である36ゴールをも上回るのではないかと目されていた。

さて、チーロ・インモーヴィレに続いたのはバイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキだ。

レヴァンドフスキは、ブンデスリーガで25ゴールを奪っており、1ゴールを決めるのに必要な時間は「81.68分」となっている。

続いて3位には、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペが「84.11分」でランクイン。

意外にもクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの2人はトップ3にさえ食い込むことはなかった。

ロナウド、メッシの順位は…?

そんな注目の「出場時間当たりのゴール数の比率ランキング」トップ10一覧は以下のとおり!

1位▷チーロ・インモービレ「80.96分」
2位▷ロベルト・レヴァンドフスキ「81.68分」
3位▷キリアン・ムバッペ「84.11分」
4位▷セルヒオ・アグエロ「87.56分」
5位▷クリスティアーノ・ロナウド「92.62 」
6位▷ドゥバン・サパタ「96.64」
7位▷ティモ・ヴェルナー「97.62分」
8位▷リオネル・メッシ「99.47分」
8位▷ヨシップ・イリチッチ「99.47分」
10位▷ネイマール「101.54分」

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑