CL決勝の対戦カードが決定!3連覇狙うレアルVS13季ぶり栄冠狙うレッズ

レアル対リバプール
レアル・マドリード対リバプール
3 – 1
試合終了
5/26 ・ 27:45 ・ スカパー!
【CL決勝結果】途中出場ベイルが圧巻ゴラッソ2発で試合決める
リバプール三銃士が偉業達成 CL史上初同一チーム3人が二桁得点
【マッチプレビュー】

圧倒的な攻撃力を誇るリバプール

ビッグイヤー

現地時間5月26日に、ウクライナの首都キエフにあるオリンピスキ・スタジアムで行われる2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦の対戦カードは、「レアル・マドリード対リバプール」に決定した。

チャンピオンズリーグ準決勝・試合結果
ASローマ対リバプール レアル・マドリード対バイエルン

11シーズンぶりのファイナル進出となった名称クロップ率いるリバプールは、プレーオフからの参戦でトップ2へと上り詰めた。
プレーオフでホッフェンハイムを下した後、本戦グループステージでは6試合計23得点と攻撃陣が爆発し、3勝3分の無敗で難なく首位突破通過。

ユルゲン・クロップ
クロップ

その後、ポルト、マンチェスター・シティからそれぞれ2試合トータルで5ゴール以上奪って準決勝ローマ戦へ。ローマ戦はトータルスコア7-6の乱打戦となった中、辛くも決勝戦へと駒を進めた。

今シーズンここまで通算46得点と、チャンピオンズリーグにおける1シーズンの最多得点記録を現時点で更新しており、驚異的な攻撃力を擁して13年ぶりのビッグイヤー獲得を虎視眈々と狙っている。

「事実上の決勝戦」を3度掻い潜ったレアル

対して、大会連覇中のレアル・マドリードは、優勝候補筆頭チームとの連戦に苦しみながらなんとか3年連続での決勝戦進出を果たした。

レアル・マドリード バスケス
レアル・マドリード

グループステージでは、トッテナム・ホットスパーに次ぐ2位で通過すると、決勝トーナメント一回戦でいきなりパリ・サンジェルマン戦となった。

「事実上の決勝戦」とも言われたこのパリ戦を2連勝で制した後、準々決勝では前回大会決勝戦の再現となったユベントス戦、さらには準決勝でブンデス王者バイエルン・ミュンヘン戦と、これ以上ない修羅場を掻い潜ってきた。

そんな両チームがチャンピオンズリーグ決勝戦で顔を合わせるのは、37年ぶりのこと。当時は、チャンピオンズリーグの前身である「ヨーロピアンカップ」時代の80-81シーズンに対戦しており、その際はリバプールが1-0で勝利し栄冠を手にした。

リバプール対レアル・1981
リバプール対レアル・1981

直近の対戦でいうと、14-15シーズンのチャンピオンズリーググループステージで対峙しているが、その際はレアル・マドリードが3-0、1-0で両試合とも勝利している。

果たして、ワールドカップイヤーの今シーズン、栄冠を手にするのはどちらのチームになるだろうか…。13年ぶりの欧州制覇か、はたまた前人未到の大会3連覇か…

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑