ロシアW杯準優勝のクロアチアがEURO2020に向けたメンバー発表!モドリッチ、レビッチ等順当選出

クロアチア代表メンバー発表

ルカ・モドリッチクロアチアサッカー協会は、EURO2020に臨むクロアチア代表メンバー26人と予備メンバー8人を公表した。

ロシア・ワールドカップ準優勝のクロアチア代表は、レアル・マドリード所属のルカ・モドリッチをはじめ、チェルシー所属のマテオ・コヴァチッチ、インテル・ミラノ所属のイヴァン・ペリシッチ、マルセロ・ブロゾビッチ、ゼニット・サンクトペテルブルク所属のデヤン・ロブレンといった選手を順当に選出。

その他、オリンピック・マルセイユで酒井宏樹、長友佑都と共闘したドゥイェ・チャレタ・ツァルや、今回が初招集となるDFヨシュコ・グヴァルディオル(ディナモ・ザグレブ)の名前も。

一方で、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に違反することが判明したDFボルナ・ソサにくわえ、マリオ・マンジュキッチ、イヴァン・ラキティッチといった選手は選外となっている。

さて、そんなダークホースのクロアチアはイングランド代表、スコットランド代表、チェコ代表と同じグループDに所属。6月13日にイングランド、同18日にチェコ、同22日にスコットランドと激突する。

クロアチア代表メンバー一覧

そんなクロアチア代表候補メンバー一覧は以下のとおり。

ベッティングトップ10では、EURO2020本戦の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

  • GK
    ロブレ・カリニッチ(ハイドゥク・スプリト)
    ドミニク・リバコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
    シモン・スルガ(ルートン・タウン)
    ▲イビツァ・イブシッチ(オシエク)
  • DF
    ヨシュコ・グバルディオル(ディナモ・ザグレブ)
    ミレ・シュコリッチ(オシエク)
    ドマゴイ・ビダ(ベジクタシュ)
    ヨシプ・ユラノビッチ(レギア・ワルシャワ)
    ドゥイェ・チャレタ・ツァル(マルセイユ)
    ドマゴイ・ブラダリッチ(リール)
    ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ)
    デヤン・ロブレン(ゼニト・サンクトペテルブルク)
    シメ・ブルサリコ(アトレティコ・マドリー)
    ▲フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン)
    ▲マリン・ポングラチッチ(ボルフスブルク)
  • MF
    ルカ・イバヌシェツ(ディナモ・ザグレブ)
    ニコラ・ブラシッチ(CSKAモスクワ)
    マリオ・パシャリッチ(アタランタ)
    マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
    ミラン・バデリ(ジェノア)
    マテオ・コバチッチ(チェルシー)
    ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
    ▲ロブロ・マイェル(ディナモ・ザグレブ)
    ▲二コラ・モロ(ディナモ・モスクワ)
    ▲トマ・バシッチ(ボルドー)
  • FW
    アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)
    ヨシプ・ブレカロ(ボルフスブルク)
    イバン・ペリシッチ(インテル)
    アンテ・レビッチ(ミラン)
    アンテ・ブディミル(オサスナ)
    ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
    ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)
    ▲クリスティヤン・ロブリッチ(ゴリツァ)
    ▲マルコ・リバヤ(ハイドゥク・スプリト)

▲=予備メンバー

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑