久保建英の市場価値が1年で222%アップ!?今季35試合出場で4ゴール4アシスト

スペイン挑戦1年目から大暴れの久保

久保建英ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が、7月23日に久保の推定市場価格を更新した。

これにより、1350万ユーロ(約16億8750万円)から3000万ユーロ(約37億5000万円)に跳ね上がり、222%の大幅アップとなったことで話題となっている。

今季、ラ・リーガサンタンデールにおいてレアル・マドリーからマジョルカに1年の期限付きでレンタルされていた久保建英は、35試合に出場して4ゴール・4アシストと1年目にしては上々の成績をマーク。

推定市場価値が3000万ユーロ(約37億5000万円)にアップしたことで、中島翔哉が2019年5月に更新した2500万ユーロ(約31億2500万円)を抜きいて歴代日本人選手最高価格を更新した。

セビージャFC、レアル・ソシエダ、レアル・ベティスなど、ラ・リーガサンタンデールへのレンタル移籍が有力な久保だが、来季のさらなる活躍に注目が集まる。

ちなみに、久保建英の価値が上昇したことで2位に陥落した中島翔哉だが、昨夏に移籍したポルトで本領を発揮できずこの1年で1600万ユーロ(約20億円)まで下落した。

日本人選手「推定市場価格トップ30」

なお、最新の日本人選手「推定市場価格トップ30」は以下の通りとなっている。

1位:久保建英(マジョルカ→R・マドリー) 3000万ユーロ(約37億5000万円)
2位:中島翔哉(ポルト) 1600万ユーロ(約20億円)
3位:冨安健洋(ボローニャ) 1350万ユーロ(約16億8750万円)
4位:鎌田大地(フランクフルト) 1200万ユーロ(約15億円)
5位:南野拓実(リバプール) 1000万ユーロ(約12億5000万円)
6位:堂安 律(PSV) 630万ユーロ(約7億8750万円)
7位:酒井宏樹(マルセイユ) 550万ユーロ(約6億8750万円)
7位:武藤嘉紀(ニューカッスル) 550万ユーロ
9位:伊東純也(ヘンク) 450万ユーロ(約5億6250万円)
10位:奥川雅也(ザルツブルク) 400万ユーロ(約5億円)
10位:吉田麻也(サンプドリア) 400万ユーロ
12位:大迫勇也(ブレーメン) 350万ユーロ(約4億3750万円)
13位:遠藤 航(シュツットガルト) 250万ユーロ(約3億1250万円)
13位:浅野拓磨(パルチザン) 250万ユーロ
15位:森岡亮太(シャルルロワ) 240万ユーロ(約3億円)
15位:香川真司(サラゴサ) 240万ユーロ
15位:乾 貴士(エイバル) 240万ユーロ
15位:昌子 源(G大阪) 240万ユーロ
19位:仲川輝人(横浜) 220万ユーロ(約2億7500万円)
20位:塩谷 司(アル・アイン) 200万ユーロ(約2億5000万円)
21位:菅原由勢(AZ) 180万ユーロ(約2億2500万円)
21位:土居聖真(鹿島) 180万ユーロ
21位:清武弘嗣(C大阪) 180万ユーロ
21位:谷口彰悟(川崎) 180万ユーロ
25位:鈴木優磨(シント=トロイデン) 170万ユーロ(約2億1250万円)
25位:小林 悠(川崎) 170万ユーロ
27位:原口元気(ハノーファー) 160万ユーロ(約2億円)
27位:岡崎慎司(ウエスカ) 160万ユーロ
27位:久保裕也(FCシンシナティ) 160万ユーロ
27位:興梠慎三(浦和) 160万ユーロ
27位:車屋紳太郎(川崎) 160万ユーロ

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑