ベルギーリーグ出身外国籍選手ベストイレブンに冨安が堂々選出!

クリバリ等とともに冨安健洋の名も

冨安健洋現地時間24日、ベルギーメディア『voetbalnieuws』は「ジュピラー・プロ・リーグ出身の外国籍選手ベストイレブン」を発表した。

映えあるベストイレブンの中には、イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が堂々選出されている。

東京オリンピック世代の冨安健洋は、2018年1月にアビスパ福岡から、ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンVVへ加入。

目を見張る活躍を見せた若きサムライは、その後2019年夏にボローニャへ完全移籍を果たし、そのボローニャでも今季ここまで公式戦21試合に出場するなど確固たる地位を確立している。

『voetbalnieuws』はそんな冨安健洋に対してこのようにレポートを添えた。

「シント・トラウデンVVはセリエAでの最初のシーズンで十分に評価を高め、ドイツやイングランドからの関心をすでに集めている。彼の市場価値は1300万ユーロ(約15億円)にまで上がっている。まだ21歳の日本人は成長する余力を残している」

また、冨安の他には、ナポリ所属のDFカリドゥ・クリバリや、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、バイヤー・レヴァークーゼンのFWレオン・ベイリーといった注目選手が名を連ねた。

ベルギーリーグ出身外国籍選手ベストイレブン

さて、そんな注目の「ジュピラー・プロ・リーグ出身の外国籍選手ベストイレブン」一覧は以下のとおり!

  • GK
    マシュー・ライアン(ブライトン)
  • DF
    冨安健洋(ボローニャ)
    カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
    ダコナム・ジェネ(ヘタフェ)
  • MF
    ユーセフ・アタル(ニース)
    セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)
    ウィルフレッド・ディディ(レスター・シティ)
    イバン・ペリシッチ(バイエルン)
  • FW
    ビクター・オシムヘン(リール)
    アレクサンダル・ミトロビッチ(フラム)
    レオン・ベイリー(レバークーゼン)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑