PSGがネイマールとトレードでグリーズマン獲得も ムバッペ慰留の近道?

ムバッペ慰留のためグリーズマン獲得?

アントワーヌ・グリーズマンスペインメディア「スポルト」は、パリ・サンジェルマンがフランス代表FWキリアン・ムバッペと契約延長を結ぶために、バルセロナからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得する方針であることを報じている。

昨夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードに1億800万ポンド(約144億円)を支払ってアントワーヌ・グリーズマンを獲得したバルセロナ。

しかしながら、現時点でアントワーヌ・グリーズマンは期待されていたほどチームに馴染むことはできておらず、早期の放出も噂されている状況だ。

そんな中、パリ・サンジェルマンがキリアン・ムバッペの慰留策として同じ「レ・ブルー」のグリーズマンを獲得しようと試みているようなのだ。

キリアン・ムバッペとパリ・サンジェルマンの契約期間は2022年までとなっており、ムバッペはパリ・サンジェルマンからの契約延長要請を拒んでいる模様。

さらには、一時ヴィッセル神戸への加入も取り沙汰されたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがチームを離れることが濃厚という状況。

そうした背景もあってスペインメディア「スポルト」は、「パリ・サンジェルマンは解決策を見つける必要があり、それはグリーズマンになり得る。グリーズマンはカバーニの代役となり、ムバッペに残留を決意させるかもしれない。」といった内容の記事を掲載した。

ネイマールをトレード要因として譲渡?

パリ・サンジェルマンがバルセロナからアントワーヌ・グリーズマンを獲得する上で、退団決定的のネイマールをトレード要因に差し出す可能性も十分に考えられる。来夏のマーケットでビッグディールが連発する可能性も…?

バルセロナのジョゼップ・バルトメウ会長は「ネイマールを復帰させるために全てを注ぎ込む準備ができている」とコメントしていることもあり、夏にサッカー界の歴史に残るビッグトレードが実現するかもしれない。

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑