イタリアで最も高給取りの選手は?上位はユヴェントス勢が席巻

ロナウドが桁違いの数値で1位

クリスティアーノ・ロナウド現地時間1日、イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』がセリエAの全選手の給与を調べ、ランキング形式で紹介している。

選手個人の広告収入などは含まない、純粋なサラリーのみ計上した今回のランキング。

映えある一位は、いうまでもなくユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。

注目の金額は3100万ユーロ(約37億2000万円)で、2位以下の選手に圧倒的な差をつけての首位となっている。

クリスティアーノ・ロナウドに次いで2位にランクインしたのは、同じくユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。夏にアヤックスからユベントスに加入したばかりの20歳が、堂々の2位となった。

3位には、今季絶好調のインテル・ミラノのベルギー代表FWロメル・ルカクで750万ユーロ(約9億円)。

4位以下には、冬のマーケットでトッテナム・ホットスパーからインテル・ミラノに加入したクリスティアン・エリクセン、ユヴェントス退団が噂されているアドリアン・ラビオ等がランクイン。

トップ10の内ほとんどの選手がユヴェントスの選手となった。

セリエA全選手の給与ランキング

さて、そんな注目の「セリエA全選手の給与ランキング」一覧は以下のとおり!

1位▷クリスティアーノ・ロナウド/ユベントス
3100万ユーロ(約37億2000万円)

2位▷マタイス・デ・リフト/ユベントス
800万ユーロ(約9億6000万円)

3位▷ロメル・ルカク/インテル
750万ユーロ(約9億円)

4位▷ゴンサロ・イグアイン/ユベントス
750万ユーロ(約9億円)

5位▷クリスティアン・エリクセン/インテル
750万ユーロ(約9億円)

6位▷エディン・ジェコ/ローマ
750万ユーロ(約9億円)

7位▷パウロ・ディバラ/ユベントス
730万ユーロ(約8億7600万円)

8位▷アドリアン・ラビオ/ユベントス
700万ユーロ(約8億4000万円)

9位▷アーロン・ラムジー/ユベントス
700万ユーロ(約8億4000万円)

10位▷ミラレム・ピャニッチ/ユベントス
650万ユーロ(約7億8000万円)

ベッティングトップ10では、セリエAが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑