最新の女子FIFAランキング発表!なでしこはトップ10圏外へ…

アメリカ遠征での3連敗響く

なでしこジャパン現地時間27日、国際サッカー連盟は最新の女子FIFAランキングを発表した。注目のなでしこジャパンは前回から1つランクダウン、トップ10から外れた。

12月13日に発表された前回のFIFAランキングまでは10位をキープしていた日本女子代表だが、その際は北朝鮮が順位を落としたことでオーストラリアに次いでアジア2位となっていた。

12月11日から開催されたE-1選手権では見事3戦全勝を果たしチャンピオンとなったなでしこジャパンだが、現地時間6日から開催されたアメリカ遠征の「She Believes Cup」ではまさかの3戦全敗。最下位で大会を去った。

これにより大幅にポイントを落としたなでしこジャパン。最新のFIFAランキングでは、北朝鮮と入れ替わってとうとう上位10か国から外れることに…。

さて、上位陣に目を向けてみると、アメリカが依然として首位をキープ。ドイツが2位、フランスが順位を1つ上げ3位と続いている。

逆に前回3位だったオランダは4位に後退し、スウェーデン、イングランド、そしてアジア最上位のオーストラリアと続いた。

なお、韓国は前回から順位を2つ上げ、18位に浮上している。

女子FIFAランキング一覧

そんな最新の女子FIFAランキング。上位20カ国とアジア上位5カ国は以下のとおり!

▶︎上位20カ国
1–アメリカ
2–ドイツ
3–フランス
4–オランダ
5–スウェーデン
6–イングランド
7–オーストラリア
8–カナダ
8–ブラジル
10–北朝鮮
11–日本
12–ノルウェー
13–スペイン
14–イタリア
15–中国
16–デンマーク
17–ベルギー
18–韓国
19–アイスランド
20–スイス

▶︎アジア上位5カ国
7–オーストラリア
10–北朝鮮
11–日本
15–中国
18–韓国

ベッティングトップ10では、世界のサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑